お金を借りるシステムの仕組み|今日中にお金を借りたいならココ

お金を借りるシステムの仕組み

皆さんは、金融機関などからお金を融資してもらう場合、そのシステムと仕組みをご存知でしょうか。
これからお金の借り入れをする予定・可能性のある方は、仕組みをしっかり把握しておくと良いかもしれません。

 

まず、お金を借りるシステムに付き物である、金利のことについて、お話します。

 

金利とは、お金を借り入れるときに発生する、お金のレンタル料金のことです。
DVDやCDを借りる時に、1枚数百円のレンタル料金をお店に支払いますね。
金融機関も、そのレンタル料金を受け取ることで、利益を得ています。金利は、%で表されます。

 

同じような言葉で、年利という言葉があります。
年利は、お金を1年間借りた場合に、発生する金利のことを指します。

 

例えば、10万円を金利3%で、1年間借りた場合、3000円のレンタル料金が発生します。
このお金のことを、利息と呼びます。他には、利子と呼ばれることもあります。

 

違いはあまりありませんが、お金を借りる側が支払うお金を利息、お金を貸した側が受け取るお金を利子とするのが一般的です。

 

金融機関から融資を受けた場合、借りたお金の残額×金利×借入期間によって、1ヶ月に支払うレンタル料金(利息)を計算することが出来ます。

 

このように、私たちがお金を借りたいと思ったら、金利が何%であるかによって月々支払うレンタル料金が変わるのです。
金利の低いところでお金を借りると、レンタル料金が安く済むのでお得です。

 

但し、お金を借りるためには、お金を返すあてがある必要があります。
収入のない方、かつて借金滞納をしたことのある方など、お金を貸す側(金融機関や周囲の人間)が信用出来ないと感じた場合、お金を借りられないケースも十分に考えられます。