総量規制を知り借入額を検討する|今日中にお金を借りたいならココ

総量規制を知り借入額を検討する

皆さんは、お金を借りる際借りる人によって限度額が決まる、総量規制という決まりを知っていますか。

 

近年、ATMやキャッシュディスペンサーが各地に増え、いつでもどこでもお金を借り入れることの出来る時代になりました。

 

昔に比べ融資の審査もスピーディで、多くの人が利用出来る手軽なものに変化しているように感じます。

 

何度でも繰り返しお金を借りることの出来るカードローンですが、厳密には利用限度額がしっかり決まっています。

 

金融機関でお金の融資を受ける場合、お金を借り入れる人物の年収入のうち、1/3以上は貸付をしてはいけないと、決められているのです。
これは消費者金融法のひとつですが、金融機関からお金を借りる際しっかり覚えておくべき法律です。

 

この法律は、消費者金融系、信販系、流通系のカードローンやキャッシングが対象となります。
銀行系カードローンは、総量規制が適用されないため、原則年収から割り出された上限を設定されることはありません。

 

その分審査が厳しく時間が掛かることがありますが、総量規制が対象外であることは大きなメリットに繋がります。

 

総量規制はひとつのカードローンで規制されるのではなく、その人物が所持している全てのカードローンの合計で規制されます。

 

よって、A社で100万円、B社で50万円の融資を受けている場合、その人物は150万円の借入があることになります。

 

年収450万円の方は、それ以上の融資を受けることが出来ません。しかし、銀行で融資を受ける場合のみ、規制が解かれることになるのです。

 

お金を借りる際、どの金融会社から融資を受けるか丁寧に吟味した後、総量規制を踏まえた借入額を検討すると、スムーズな借入が実現するはずです。

 

おすすめのキャッシングはこちら