銀行からお金を借りる|今日中にお金を借りたいならココ

銀行からお金を借りる

今日中にお金を借りたいと考えているあなたは、以下のように思っていませんか?
「現金が足りないからスグに借りたいんだけど、やっぱり銀行が安全なのかな?」
「銀行からお金を借りる方法って、どんなものがあるの?なんだかハードル高そう・・・」

 

じつは、銀行からお金を借りる方法にはいくつか種類があり、方法によっては個人がお金を貸してもらうのはとてもムズカシイんです。
ただ、個人でも最短即日などのスピードで借入できることもあります。

 

>> 個人でも銀行から最短即日でお金が借りれる!?オススメの銀行カードローンはこちら(http://lilpourlautre.com/entry32.php

 

そこで、ここでは銀行のローンの中でも、とくに個人が借りるのにオススメの方法などを紹介しますね。

 

個人が銀行からお金を借りる方法は大きく2種類あります

個人が銀行からお金を借りる方法はいくつかあり、大きく以下のふたつに分類できるんです。

  • 目的型:担保あり・低金利・大口
  • 使い道自由型:担保なし・金利やや高め・小口

それぞれについて説明しますね。

【銀行からお金を借りる方法】
1.目的型:担保あり・低金利・大口

目的型”で銀行からお金を借りる場合、不動産担保などを銀行に預けることで銀行から比較的大口の融資を低金利で受けることができます。
こうした融資の受け方は、企業の資金調達などでは一般的ですが、じつは個人でも借りることができるんです。

 

ただ、見積書などで目的がきちんと示せないような場合、審査をクリアすることがムズカシく、とくに初めての借り入れは大変です。
(銀行融資がムズカシイ場合、公的な融資制度(日本政策金融公庫など)が利用できるケースもありますが、条件や必要書類が多いです)

 

ちなみに、この“目的型”には以下のようなローンが当てはまります。

  1. 住宅ローン
  2. マイカーローン
  3. ブライダルローン
  4. 教育ローン

など

【銀行からお金を借りる方法】
2.使い道自由型:担保なし・金利やや高め・小口

使い道自由型”で銀行からお金を借りる場合、金利はやや高めになりますが、担保なしで小口融資を受けることができます。

 

また、“基本的に自由”なので、日々の生活費にしたり、何かの買い物の足しにしてもOKです。
初めての借り入れであっても、申込~借入までがとてもわかりやすくなっているものが多いので、カンタンに申し込めるんです。

 

ちなみに、この“使い道自由型”には、「個人向けカードローン」があります。
この個人向けカードローンであれば、最短で今日中にお金を貸してくれるところもあるんですよ。

 

では、個人が銀行からお金を借りたい場合、審査では何かチェックされるのでしょうか?
じつは、個人が銀行からお金を借りる場合、「信用情報」がチェックされており、この情報によって銀行から融資を受けられるかどうかが決まります。

 

銀行からお金を借りられるか不安なら「信用情報」をチェックしよう

どうしても銀行からお金を借りたい場合、自分の信用情報に傷がないかどうかをチェックしてみる必要があります。

 

信用情報とは過去にお金にまつわる取引上、トラブルや事故情報があったかどうかです。
以前にカードローンや銀行からお金を借りていたにも関わらず、長期間返済が滞っていたなどの情報が全て集約された、個人情報のひとつです。

 

とくに経営者の場合は、経営者本人の信用情報はもちろんですが、会社全体の信用情報も調査対象になるので注意しましょう。
調査項目は銀行によって異なりますが、たとえば、税金の滞納がないか、赤字続きの経営状況ではないか、返済能力が十分にある会社かどうか、などの点がチェックされます。

 

自分の信用情報は、信用情報機関に問い合わせをすることで確認できますので、気になった人は一度チェックしてみてくださいね。

 


 

このように銀行の融資には2種類あり、個人が数十万円ほどの少額を借りたい場合は、WEB申込でカンタンに借入できる“個人向けカードローン”がおすすめです。