福祉資金を利用する|今日中にお金を借りたいならココ

福祉資金を利用する

生活に困窮した世帯がお金を借りることの出来る公的な制度、生活福祉資金貸付制度には、様々な種類の資金が存在します。中でも、福祉資金の中に分類される、緊急小口資金という名の資金は比較的シンプルな貸付になります。

 

福祉資金は、私たちが生きるために必要なお金を低金利、または無利息で融資するための資金です。

 

福祉資金の中に分類される福祉費は、障害者用の用具や車などを購入するための経費であったり、冠婚葬祭に必要となる経費であったり、技能習得に必要となる経費であったりします。
大きく言えば、私たちが快適に暮らすために必要な経費を、福祉費によって一時的に賄うことが出来る有難い融資制度です。

 

中でも先ほどお話した緊急小口資金は、10万円以内という少額なお金を借りることの出来る制度の資金です。

 

例えば、病気や怪我などで一時的な入院や通院が余儀なくされ、それにより生計維持が難しくなった場合などに便利な資金貸付です。

 

金額が少額のため、比較的審査が簡単な生活福祉資金貸付制度のひとつです。
貸付を受けることの出来る世帯の条件は細かく収入基準が設定されており、基準未満の収入で低所得世帯と判断されます。

 

この条件に加え緊急に資金が必要であること、10万以内の貸付のみで生活が維持できること、返済の身通しがたつことなどの条件があります。

 

生活保護を受けている場合は、貸付を受けることが出来ないこともあります。
また、借金の返済にこの資金を必要としている方はこの制度を利用出来ません。
緊急小口資金は、連帯保証人が不要です。