総合支援資金を利用する|今日中にお金を借りたいならココ

総合支援資金を利用する

前項でお話した生活福祉資金貸付制度の中でも、最も一般的とされる資金が総合支援資金です。
総合支援資金の中には、生活支援費、住居入居費、一時生活再建費があります。

 

それぞれに貸付条件などが定められており、お金を借りることが出来るかどうかも審査によって判断されます。
総合支援資金の対象となる世帯は、これからお話する条件すべてにあてはまる世帯です。

 

まず低所得世帯であること。
そして失業や収入が減るなどし、生活がひどく困窮していることがひとつの条件となります。
衣食住がままならない世帯など、日常生活が維持できない世帯が対象となります。

 

また生活保護や失業保険といった、その他のセーフティーネットからの公的な給付を受けることの出来ない世帯が対象であるとされています。そして、総合支援資金からお金を借りることで、生活の立て直しが見込めることも条件のひとつです。

 

貸付により生活再建が見込めるという条件は、どのような基準により判断されるのでしょうか。
様々な判断基準がありますが、自身の収入のみで6ヶ月以上生計を維持してきて、その収入が減ったり失業したりしてから2年以内であることが基準のひとつです。

 

申請時、申請者が65歳未満であることも生活再建が見込める条件のひとつになります。
60歳~65歳の場合、過去1年以内に就労していなくては貸付を受けられません。

 

また今後自営業を始めたい方、就職する意思がない方も貸付条件を満たせず、審査をクリアする事が出来ません。

 

このように様々な条件が定められる中、条件をクリアした世帯は総合支援資金を利用し、お金を借りることが出来ます。

 

おすすめのキャッシングはこちら