生活福祉資金貸付制度を利用する|今日中にお金を借りたいならココ

生活福祉資金貸付制度を利用する

現在日本には、生活福祉資金貸付制度という融資制度があります。
この制度を利用するには、様々な条件をクリアしている必要があります。

 

まず前項でご紹介した、失業保険や生活保護といった支援制度を利用し受給している場合、これらの受給額が個人の収入と見なされるため審査に通らないこともあり得ます。

 

失業保険や生活保護の支援金を受給出来る可能性のある方は、まずこちらの制度を利用できるかどうかを地域の担当員に相談してみましょう。

 

生活福祉資金貸付制度は、生活に困っている高齢者や障害者の生活を支援する制度です。
高齢者や障害者以外ですと、低所得世帯も対象になります。

 

金融機関でお金を借りることの出来ない方も、相談することが可能です。
しかし、不正な融資を防ぐために多くの審査がありますので、その審査をクリアしなければ制度を利用することは出来ません。

 

金融機関では、金利20%以下でお金を借りることが出来ます。ほとんどの金融機関が、3%~18%の金利を設けています。
一方で、生活福祉資金貸付制度の金利は、1.5%です。これは非常に低い金利であると言えます。

 

また連帯保証人がいる場合は無利息でお金を借りることが出来るのも、この制度の魅力と言えます。

 

資金の種類は、生活支援などの総合支援資金、福祉費や緊急小口資金などの福祉資金、教育支援金、不動産担保型生活資金があります。

 

制度を利用するには、比較的厳しい審査があります。
生活福祉資金貸付制度でお金を借りたいと思った場合は、各地の社会福祉協議会の窓口に相談してみて下さい。