失業保険や生活保護を受ける|今日中にお金を借りたいならココ

失業保険や生活保護を受ける

多くの人が、お金のやりくりで悩んだ経験を持ちます。
中には、食べていくことも満足に出来ない人もいます。
そんな時は、一番初めに、公的な支援や融資が受けられるかどうか、調べてみましょう。

 

私たちの生きる日本には様々な支援・融資制度があり、貧困で苦しむ方のために、お金を借りることの出来る融資サービスも存在します。それには、ある一定の条件が必要になります。

 

今回は、融資制度でお金を借りる前に、一度確認してほしい項目を用意致しました。

 

条件に当てはまる場合、失業保険や生活保護という、支援金を受け取ることが出来ます。これらは、返済する必要のない支援金ですので、お金を借りる前に一度チェックしておくことをお勧めします。

 

まず失業保険ですが、こちらは仕事を辞めた後、次の仕事を探すまでの期間の生活費の足しとして支援金を給付する制度です。

 

条件は仕事を辞める日から遡って2年の間に、被保険者の資格を12ヶ月以上維持していることです。また職業安定所(ハローワーク)などに定期的に通い、次の仕事を積極的に探す必要があります。

 

雇用保険受給説明会などにはしっかりと出席し、書類の提出や面談を怠ることなくこなすことが重要です。こうして受給者資格を得た後も、何度か職業安定所に足を運ぶこととなりますが、失業保険を受給することが可能です。

 

 

次に生活保護ですが、病気や怪我などの理由で自身が働くことが出来ない場合、最低生活資金を支援金として受給することの出来る制度です。

 

生活保護の条件として、お金の援助が誰からも見込めないこと、貯金・土地・車などの資産がないことなどが挙げられます。

 

また母子家庭などの場合も、生活保護を受けることの出来る場合もあります。
地区の担当員に相談をし、不正受給にならぬよう判断を煽りましょう。

 

おすすめのキャッシングはこちら